CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 一歩ずつ | main | 目に見えぬ独裁者の方が怖い。 >>
40年
おはようございます。
今朝の札幌は、日差しも眩しい良い天気です。 
そして、北国では晴れるほどに気温が下がりがちです。
いわゆる放射冷却現象ってやつです。
僕の故郷、釧路では毎日のように放射冷却されてましたし、
最近の天気予報を見ても、やはり釧路&十勝は晴れマークが並んでます。
天気予報を眺めながら、「太陽光発電には最高の環境だな」と、
思いを巡らせている最近です。

さて、昨日39才の誕生日を迎え、
SNSなどのコミュニケーションツールのおかげで、
たくさんの方からお祝いのメッセージを頂戴しました。
改めて、ありがとうございます。
何才だったか忘れそうになる事もあるほど、
自分の誕生日に対する感慨も薄れがちなアラフォーですが、
やはり祝福されると本当に嬉しいものですし、
自分の人生を少し振り返る事もできました。
短いようで長く、長いようでまだまだな39年です。

そして、それに合わせるかのような今朝の報道。
福島第一原発の廃炉には40年かかるとのこと。
そりゃそれくらいかかるよな、と思いますが、
にしても、40年後には、これまで原発利権の美味しい汁を吸ってきた、
悪代官系の諸氏たちは、ほとんどこの世にはいないと思われます。
それどころか、僕だって死んでても全く不思議じゃない。
この事こそ、原発の抱える最も大きい不条理ではないでしょうか?

「今の便利ために未来を汚すことは倫理的に許されない」
ドイツが国家として脱原発を決めた一番の理由です。

子ども手当とか税と年金とかTPPとか、
未来の日本を創る大事な問題ですが、
それ以上に、明らかに未来への負担となる原発。
今、僕たちの世代がしっかりと未来を見据え、
死に逃げするような無責任だけはしないよう、
声をあげ、自らが行動しなくてはいけないと思います。

40年後、まだ生きていられたとしても、
若い世代に恨まれるような現在であってはいけない。
そう強く思う今日です。
| - | 10:58 | - | - | pookmark |