CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 労働者の奮起を乞う。 | main | あぁ、厚かましや。 >>
エネルギーの奴隷
僕は以前、仲間たちとBARを経営していたことがある。
開店準備の頃、メニューの価格設定をしている時、
比較的安く設定するか、高くしておくか意見が分かれた。
そんな時、みんなでこんな話をしたことをおぼえている。

「価格を簡単に値上げするのは、お客さんに悪いし、みっともない」
「だからしっかり話し合って、目論んで決めよう」

趣味の域をつま先だけはみ出したような店だったが、
それでも心意気は立派な店にしたいと望んでいた。
経営に参加したメンバーの献身と多くの方々に支えられて、
おかげさまで一度も値上げをすることなく期間満了で閉店に至った。

組織としては、単細胞とクジラほどの違いはあるが、
東電には少し僕らを見習って欲しい。
仕方ないケースもあるが、値上げは基本的に企業の恥だと思う。

「電気料金が上がったのでビールは10円値上がりしました」
なんてことを言う居酒屋は聞いたことがない。
きっと店主はいろいろ工夫して、電気料金の値上げ分を捻出する。
もしくはただ単に利益が減るだけだ。

東電の保有する資産がいかほどかは詳しく知らないが、
おそらく使ってもいない不動産なんかがけっこうありそうだ。
そういった類を売却したりした話は未だ聞こえてこない。
なのに「8,000億円足りなくなるので、みんな払ってね」
的な値上げ断行には、すごく疑問を感じる。

そもそも値上げの前に原発関連の予算だってたっぷりあるだろうに、
それをあてがうどころか、原発の寿命の延長と来ました。
いくらエグいジョークが平気な僕でもゲンナリな展開です。

電気料金値上げ→家計を直撃→嫌なら原発稼働→嫌なら値上げ→…。

気付いたら3.11以前の発電環境に逆戻りなんて絶対にイヤだ。
新聞の一面に「電気料金の値上げ」と「原発廃炉20年延長、60年へ」
の見出しが並ぶことに怖さを感じた今日でした。

| - | 21:44 | - | - | pookmark |